カテゴリー別アーカイブ: PCエンジン

弁慶外伝で歴史のお勉強をしました

PCエンジンで1989年にサンソフトから発売された弁慶外伝。
桃太郎伝説のようなコミカル系のファンタジック歴史物RPGだと思って買ったところ、
良い意味で期待を裏切られました。

しっかりしたストーリーと時代設定で今でも高く評価をする人が多い名作です。

ちなみにこのゲームをプレイしたのは小学生の時だったので、
頭の中に日本の鎌倉時代の歴史なんてほとんど入っていませんでした。

平氏と源氏、弁慶と源義経の関係なんて
全く知らない状態でプレイしていたのは今思うと少々無謀だったと思います。

感想は、村を出てフィールド上を3歩ほど歩くだけで敵と遭遇していたと思います。
昔のドラクエで例えるのなら地下ダンジョンにいる時のような感じです。

どうしてこれほど敵と遭遇させたかったのか分かりませんが、
A地点からB地点に移動するだけでも大変でした。

難易度は高めでしたが、ゲーム全体として考えると謎解き部分は少なく、
サクサク進んだように思います。尚、最後のボスは一体誰なのか分かりませんでした。
歴史を知らずにプレイしていたので当然といえば当然です。

しかし中学生になったときの歴史の授業で最後のボスが出てきて
「この人が最後のボスだったのか!」と、
ようやくこのゲームの意味が分かったときは本当に嬉しかったです。

その時に初めて「あのゲームって、ものすごくしっかり作られていたんだな」と思いました。
和風RPGは桃太郎伝説のようなイメージがあったので、軽く見ていた部分もありました。

もちろん心の中でサンソフトに謝罪し、反省しましたが。

平安・鎌倉時代が好きな人、平氏や源氏が好きな人、
特に源義経や弁慶が好きな人には持って来いのゲームですね。

また、ファンタジーなPRGカードゲームなら
このゲームもエロゲーですが、オススメです。

フェアリーファンタジア